*All archives* |  *Admin*

2006/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと復活?
今日の午後から、熱は37度台前半に下がってきました。

熱はあったけれど、夜も良く寝ていて、朝も5時から起き出して、ニコニコだったあらし。

ゼロゼロ痰はからむけれど、前回ほどしんどくはないようで、ホッ(-。-;)。

夕方には、オモチャをポイポイベッドの外に投げまくって遊んでいたので、このまま復活していってくれるといいなあ・・・。


対称的に、寝不足の私は、窓から差し込む太陽光に、溶けそうでした。
昔は徹夜しても、平気だったのに・・・、今は、相当きついです(-_-;)。
スポンサーサイト
ユナシン再開
あらしの熱は、”気のせい”では、なかったようで・・・、
今日も朝から、38度のお熱、咳も少しゴホゴホ。

今のところ、食事はとれていて、笑顔も出ています。
でも、さすがに、これだけ熱が続くと、採血→CRP4.3→ユナシン再開となりました。

先生によると・・・
前回、下痢の為ユナシンを早めにやめてしまったが、気管の炎症が治りきっておらずまた再燃してしまった可能性が高い、
とのことでした。

私もユナシンをやめる様、先生にプレッシャーをかけた覚えがあり、反省・・・。あの時は、CRPは0.2まで下がりきっていなかったのですが、顔色悪く、吐いたり下痢したりしているあらしをみているのがつらくて・・・・。


今回は、同時に、”ビオフェルミンR”も服用することになりました。
以下、私と循環器の先生の会話です。

私「でも、ビオフェルミンて”気休め”って言いません?」
先生「いえ、今回は、ビオフェルミン”R”です!”R”がポイントなんです!!」
私「”R”ってなんですか?」
先生「本来ビオフェルミンとは、お腹にとって良い菌を補う薬なのですが、”ビオフェルミンR”は、抗生剤が殺してしまう種類の良い菌を集中して補う薬です。つまり、ユナシンのような抗生剤と併用することを前提としてつくられた薬なんです。」
私「ふーん、じゃあ、この”R”を飲んだらお腹はこわさないってことですよね?」
先生「ええ、お母さん、この”ビオフェルミンR”を飲めば大丈夫です!!」

ホントかなあ???
先生はあらしに、いつもすごくよくして下さるのですが、たまに、予言ははずれます(笑)。
でも、この熱じゃあ抗生剤は、当然ですよね。
下痢はつらいけれど、しょうがないかな・・・。
「熱がさがって、CRPも正常値になれば、すぐやめましょう!」って、先生も言ってくれたし、がんばれ、あらし!(^-^)/


熱は、夕方39度まで、あがりましたが、今は、スースーよく寝ています。
咳き込んで起きたりも、今のところはしていません。
でも、心配なので、今夜は、病院もどって、今夜は一晩付き添います。

その前に、夕飯食べて、お風呂入っていこうかな。
汗かいちゃってベタベタです(^_^;)。
発熱
明日退院予定だった、あらし。

ここのところ、すこぶる元気で、さすがに大丈夫だろうと、誰もが思っていたのですが、何と今日、38度のお熱。
咳も少ししたりして、嫌?な予感。

ぐったりした感じは無く、笑ったり遊んだりするのですが、でも動きにきれがないかなあ・・・。

ここまで来て、また、発熱だなんて、認めたくない私たち。
循環器の先生とは、「気のせい、気のせい。何かの間違い。」と、言い合ってました(笑)。
でも、明日までにさがらなければ、やっぱり、採血→抗生剤 の、お決まりコース??

あ?あ。
腎臓科の先生には、「プレッシャーに弱いですね?」と大笑いされるし。
とりあえず、退院は無しですね。
疲れました(-_-;)。

カード
カード

毎年、母の日と父の日に、感謝の気持ちを込めて書いた手紙を、双方の両親に送っています。

母の日の手紙は、すぐに便せん2,3枚は書けるのですが、父の日の手紙は、感謝の気持ちといつまでも元気で居て欲しい、というその2つで、どうしても内容がとどこおりがち(笑)。

もちろん、父も義父も母、義母に劣らず私は大好きで、会えば、よく話はするのですが、手紙となると困ってしまいます(^_^;)。

そこで、来月の父の日には、上のカードにあらしの写真を入れて、送ることにしました。
カードなら、文章も少なくても様になるし、あらしの写真付きなら、何より喜んでくれそうな気がして^m^!?

そう思い、早速文房具屋さんに行ってみたら、かわいいのがいくつかあったので、それぞれ2個ずつまとめ買いしました。

看護師さんへのお礼や、あらしにプレゼントをくださった友達や親戚の方へのお礼にも使えそうです(*^_^*)。
親子で楽しむ番組
あらしは、テレビを見るのが好きです。

お気に入りの番組は”おかあさんといっしょ”、”英語であそぼ”、”ピタゴラスィッチ”。

時間になってテレビをつけると、じ???っと、食い入るように見ています。
補聴器をつけていなくても、じ?っと見ます。

歌でおどっているところが一番好きなようで、いっしょに手をふったりして楽しんでいるようです♪♪

この時ばかりは、一人でおとなしくしていてくれるので、私も大助かり\(^O^)/。


ところで、この”おかあさんといっしょ”に出ている”ゆうぞうお兄さん”・・・。
最初、あの甘いマスクに「ちょっと、甘過ぎ?」と、批判的だったのですが、毎日あらしと見ているうちに、すっかりファンになってしまいました(*^^*ゞ。

あの、キュートでやさし?い、笑顔に、毎日”キャ?っ”な私です(笑)。
私って、本当はお兄さんのようなタイプが好きだったのかな・・・。
結婚、間違えた??。



この時ばかりは、何をしても、テレビに夢中。
ママも”完全無視”なあらしです。
入院6
入院を楽しくさせてくれるモノ
bag


上は、今私が使っているバッグです。

今年の春から、よく行く雑貨屋さんで、入荷する度にすぐ売り切れていて・・・。
今は予約が殺到している様で、いつも棚の上に”お取り置き”の札がついた、かごバッグがずら?っと並んでいます。

私は、最初は、特に興味もなかったのですが、その”お取り置き”の山を何度も見ているうちに、欲しくなってしまいました(笑)。

結局、私は、別の雑貨屋さんで購入しました。
メーカーが一番流行っているバージョンとは違うみたい。
よーく見ると、編み方が違うし、色もクリーム色です。

一番人気は、白。
私も真っ白が欲しかったのですが、すぐに売り切れてしまって・・
それに、はやく欲しかったので、たまたま見つけた、クリーム色のを買いました。

これ、病院で、すごく便利です
けっこうたくさん入るし、お茶なんかも”ポン”とほうりこめます。
私が買ったのには、中に入れる水色のギンガムチェックの巾着がついているのですが、これ、貴重品も安心で、とてもヨカッタです。

今、私の一番のお気に入りです♪♪。
あらし近況
最近のあらし、一時完治したかに見えたのですが、退院日に急にゼロゼロがぶり返して、先生と相談して延期させてもらうことにしました。
その後、20日に再度個室隔離に(T_T)。
こうなったら、きちんと治して帰りたいです。
もうしばらくは、入院生活続きそう。がんばろうっと!

【5月17日】
少しゼロゼロ、一時頻脈発作らしきものも。
退院は明日に延期。
【5月18日】
昨日よりゼロゼロしていて、脈も高め(不整脈では無い)。
退院は明日以降に延期。
RS検査で陽性、またまた個室に。
【5月19日】
相変わらずゼロゼロ。
【5月20日】
顔色悪くサチュレーションも低い。
ゼロゼロけっこうひどくて陥没呼吸。
先生と相談して採血。CRPは3.2。念のため抗生剤(ルートの確保)。
でも笑ったり寝返りうったりする余裕有り
【5月21日】
顔色良く、ゼロゼロも随分改善。
【5月22日】
機嫌も顔色も良いが、ゼロゼロはまだあり。
【5月23日】
痰はほとんどなくなりました。
でも、急に下痢に。消化も悪いみたい。抗生剤のせい?


あらしにはRSがすみついてしまったみたいです。
一見よくなったようでも、RSによる気管の炎症が少?しだけ残っていて、少しでも体調を崩すとすぐまた、ウィルスが増加してしまうみたい。

健康なお子さんなら、炎症が残っていても、平気で、自力で乗り越えます。
でも、あらしは余力が無いので、すぐゼロゼロしてしまうみたいです。


ところで、個室が、決まったとき(RSでの隔離はこれで4度目!!)、
「この咳どうしようもないのですか??ただじっと耐えるしかないのですか??」
と、ワタシつい、涙目で訴えてしまいました。
咳き込んでいるのをみているとかわいそうで・・・(>_<)。

そうしたら、今日I先生に会ったとき、
「RS、ごめんなさい!!なかなか良くしてあげられなくて、本当にごめんなさい!」と・・・。。
そんな先生の言葉に、私はただただ胸がいっぱいでした(T_T)。

それから、先生は以下のことを話してくれました。
・こういう子でも、夏になればほとんどは消えるはず、
・大きくなって体力ついたら、そう簡単には、負けないはず
・いろいろ書物を調べた結果、ぜんそくの子に使う抗アレルギー剤がRSの長期化に効くとのことで、早速内服でスタートすること(副作用も心配ないみたいです。)。


個室に隔離された日と、20日は、さすがにため息がでました。
でも、それ以外では、今のところあまり落ち込むことなく過ごしています。
(入院生活は、慣れっこです(^_-)!!)

この際、すっきりと治して帰りたいです。
その間は、良い入院生活が送れますように!

あらし?、先生達もみんな”早く帰してあげたいのに!”って心配してるよ。
ちゃんと治して、お家に帰ろうね!


「どこいってたの?つまんないから、オモチャ全部落としたよ。」
入院5

旦那さんバトン
そーままさん、てんちゃんままさんから、旦那さんバトンを、いただきました!

恥ずかしいですが、私も他の方の旦那さんバトン、楽しく読ませていただいたので(*^_^*)、それに、バトンをもらってオットがすごくうれしそうなので(←何故?)、一生懸命記憶をたどって書きました。

興味のある方、もしくは、これを読んでも私達と仲良くしてくださる方だけ、暇な時にでも読んで下さい
それ以外の方はパスしてくださいませ(^_^;)。

続きを読む

マキちゃん
5月16日 

今日は、私の友達のマキちゃんが初めてあらしに会いにきてくれました。
マキちゃんと出会ったのは、20才の時。
初めて会った日に、生年月日が1日違いで、しかも同じ血液型であることが判明し、仲良くなりました。

当時は、よく占いの本や雑誌を見ては、2人でもりあがっていました。
というのも、星座も血液型も同じだから、たいていは占いの結果も同じで、いろいろ話がもりあがりました(*^_^*)。

その後就職などで、なかなか会えなくなったりして、一見、それぞれ全く違う道を歩んでいますが、でも、同じ様な時期に旦那さんと出会ったり、同じ様な時期に家族の生死にかかわることや、長い入院生活を経験したり・・・・。

マキちゃんとはやっぱり、何か縁を感じてしまう私です。


そんなマキちゃん、夏には男の子のお母さんになります!
これからは、子供の話でももりあがれるね!!
マキちゃん、がんばれ?!!
一人で乾杯♪
5月15日  (日記その2)

ところで・・・
今日は、帰りに一人でスープカレーのお店で食べて帰ってきました。

お昼が少し早かったせいか、20時半に病院を出るときにはお腹が空いて、なんだか倒れそう(@_@)。
”これじゃあ、夕飯の用意も無理!!”、と思い、一人で先に食べてしまいました。
しかも、ワインとデザートの抹茶アイスまでたのんでしまいました(*^_^*)。
は?、満足満足!!


でも、これ、実は私の中では”小さなお祝い”でもあるんです。
今日、先生から退院の話が出ました。
これまでもいろいろあったあらし、もちろんすんなり退院できるかどうかは、当日まで半信半疑ですが、まずは、そんな話が先生の口から出るようになったことが、感激。

でも、ここで”夫婦揃って前祝い♪”なんてすると、退院は必ず延びるので(経験的に)、一人でこっそりお祝いしました(笑)。


一応退院延期になっても落ち込まないよう、心構えをしつつ、退院準備始めます(^_^;)。


ただいま模様替え検討中のあらし家。
食後は、通販雑誌めくりながら、ゆ?ったり♪
カレー

個室脱出&おしゃれ
5月15日 

今、病棟は暑いです。
真夏は冷房がきいていて、むしろ寒いくらいなのですが、今は冷暖房がオフで、病棟は少し蒸していて、暑いです。
特にあらしの居た個室は、なぜかすごく暑くて、心臓病児のあらしは汗びっしょり。
急いで、昨日夏物の洋服を買ってきました。

そうしたら、夏物を買ったとたん、今日個室を出て、4人部屋に戻ることができました。これでさみしくないです(^O^)/。


ところで、あらしが心臓が悪いと分かったとき、私は、”どこまで普通の子と同じ生活ができるのか”ばかり、気にしていました。
そして、あれもできない、これもできない、と、できないこと、無理なこと、ばかりを数えては悲しんでいました。

でも、何度も危険な目に遭いながらも、たくましく生き延びているあらしやその他大勢の子供達に出会い、できないことを数えるのではなく、できることを数えて生きていこうと、自然に思う様になりました。

”おしゃれ”は、あらしが(正しくは、あらしママが、ですが(笑))普通の子と同じように楽しめることの一つです。

だから、私はあらしの洋服にはけっこうこだわります(^.^)。
今一番のお気に入りは、プチ・バトー。
細身なのと、色が優しい感じなのがわりとあらしに合っている気がします。
さらにあらしは、悲しいかな、成長がとってものんびりなので、同じサイズの服がず?っと着られたりします(^_^;)。
私はあらしが生まれる前は、”どうせすぐに着られなくなるのだから、子供服はお値段第1で!”という信念を持っていたのですが、あらしの場合、ボロボロになるまで着られるので、少々高いモノを買っても、もったいない気がしません。

これからも、あらしが「嫌!」という日まで、ママはいろいろ、あらしの服で、楽しませてもらうつもりです。
パパ、協力よろしく(^O^)/!

「夏服は涼しいな?♪」
入院4

パパの日
5月14日 

今日は、1日あらしのつきそいはオットでした。

1週間ぶりに会ったオットはあらしの回復ぶりにびっくり。
あらしのあまりの元気さに、オットは、帰る頃には、疲れてぐったり(笑)でした。


一方私は、すいみん不足を解消するべく、いつもより長めに布団の中。
たっぷり寝た後は、ブログを書いて、洗濯して、掃除して、そして、自由が丘にお買い物に出かけてきました。

自由が丘では、プチバトーとギャップであらしの洋服を購入、さらに、ギャップでは、自分の膝丈パンツも購入しました♪。
その日は、オットに二子玉川で先週買って直しに出していた、シャツを取りにいく様頼まれていたのですが、気が付けば、20時・・・久々のお買い物に浮かれすぎて、すっかり時間がたつのを忘れていました!

でも、それでも見たかったお店、全部まわれなかったんですよね・・・・ブツブツ。


あらしが6ヶ月の頃から、週に一度土日のどちらかは、オットが丸1日つきそうようになりました。
その日は私は、完全休養。
家を片づけたり、買い物に行ったり・・・、あらしのことはできるだけ忘れて過ごします。
その変わり、もう1日の休日はオットは完全に休養日。
自分の好きなように過ごします。

この様に分担してから、私はすごく楽になりました。
1日会わずにいることで、むしろあらしと会える6日間をすごく大切に有意義に過ごせるようになったし、平日の間に荒れていく家を片づけられたし・・・・。
それに、一人でお茶したり、本を読んだり、買い物したりする時間が少しでも持てるだけで、ストレスがすごくたまりにくくなりました。
あと、万一自分が倒れても、オットにあらしのつきそいをかわってもらえるという、安心感がありました。


こんな風に、家での役割分担も、良いカタチが見つかると良いのですが・・・。
いまのところ、まだ、試行錯誤中です・・(^_^;)。

「何してるの?早く遊んでくれないと、補聴器とっちゃうよ?」
補聴器

バイキング・弟・結婚記念日
5月12日  

今日の夜オットと、BUFFET THE VILLAに、行ってきました。

バイキング形式だけれど、ちょっとおしゃれなお料理も多くて、雰囲気も良いし、とっても楽しかったです♪♪。

オットは、パスタとたくさんあるお肉料理が気に入ったみたい。
私は前菜とデザートがおいしくて、一番のお気に入りは、”なめらかプリン”♪♪

私たちは、店に入ったのが遅かったのですが、もっとはやく行けばもっとたくさんお料理もあるみたい。
ローストビーフと、バナナクレープと、アイスクリームが食べられなかったのが、心残りな私たち。
たぶん、また来ます~(*^.^*)♪♪

たくさん食べて、お腹がはちきれそう。
帰りは家まで1時間、歩いて帰りました。
夜空を見上げながら、ぶらぶらと・・・。

”バイキング”と聞くと、興奮してしまうオット。
いろいろ気になるらしく、忙しそうでした!
ブッフェザヴィラ


5月13日

弟が、たこ焼きのおみやげを持って、あらしに会いに来てくれました。
takoyaki

あらしは、おじちゃんに、たくさんたくさん遊んでもらって、大興奮!!
すっごく、うれしそうでした。

あらしは弟に対しては人見知りをしません。
私と弟は、濃い眉、濃いまつげ、黒々した黒目に真っ黒な髪、が昔からよく似ていると言われます。
これは、父親譲りで、あらしは、おじいちゃんにも人見知りしません。

一方母と一番下の弟は、目は小さく眉も髪も薄くて茶色。
母がこちらに住む前は、あらしは、母に会うといつも泣いていました。
あらしが泣くと、母は、よく
「いややわ?、もお?、あらしちゃん、はよ覚えて?、おばあちゃんよ?」
と、関西弁で話しかけていました。

あらしは、Drも、髪や眉や目が黒々した人だと泣かない傾向にあるみたい。

なんとなく、将来あらしが好きになる女性も、髪や目が黒々した人なのかな?などと、考えたりしている私です。

ちなみに、父は、昔からノリピーのファンです。


ところで、今日5月13日は5回目の結婚記念日でした。
今日から、結婚6年目に突入です。
ホント、あっという間・・・。
きっと、10年目もあっという間。
スイート・テンの贈り物、何がいいか、そろそろ考え始めた方がいいかな^m^
入院2週目
5月11日  入院2週目


今日は、マーゲンと点滴が取れました。
(ちなみに、マーゲンは自分でひっぱった)

あらしは、かなり回復して、ベッドの上で、サチュレーションモニターのコードを食べたり、テープを引っ張ったり、おもちゃを床に投げたり、やりたい放題でした。

でも、念のためまだ、酸素チューブが鼻に、あと、胸には加湿の為のパイプ(?)がくくりつけてあります。
だから、基本的にベッドサイドから、動けません。

だんだん個室に飽きてきたあらし・・・。
さて、この状態で、あらしの元気を発散させ続けることはできるのでしょうか??
かなり、苦しくなってきました(^_^;)。

明日は、どうやって、遊ぼうかな・・。


「ベビーブック、けっこうおもしろいよ」
入院中3

少しずつ回復中
5月8日  注入再開

今日から、ミルクの再開。
200CCからだったけれど、注入するまでもなく、あらしが、飲んでしまって、「もっとくれ??」と、暴れて泣いていたので、先生が300CCに増やしてくれました。

ヨカッタね、あらし(^_^;)。



5月9日  ますます、回復!

ミルクも、また、さらに増量。
飲んだ後は、やっぱりゼコゼコしてしまうけれど、サチュレーションが下がったりはしないので、大丈夫な様です。

今日は、ベッドの上に、イスを置いて、お勉強(?)再開です。
イスに座って、補聴器つけて、本を前におくと、たいてい、「あー、うー、」と読んでくれます(*^_^*)。

こういう時、かわいいなあ、幸せだなあって、思います。

とは言っても、すぐ、飽きて、本やら、補聴器やら、投げ始めるのですけどね・・・・。
そんな風に、ひたれる時間なんて、ほとんど無いです(T_T)。


補聴器は、寝ている時はつけづらいです。
ここ数日は全然つけていないので、これも、少しずつ再開しようね!



5月10日  あらし元気でママヘトヘト

今日は、昨日よりもさらに元気!!

ゼコゼコするのと、汗が多いのをのぞけば、ほぼいつも通りの元気。

寝返りをして、コードにからまったり(酸素の管とか、けっこうまだ、いろいろついているので(^_^;))、点滴やチューブをとろうとしたり、もう、てんやわんやです。

だんだん、時間を持て余してきたみたい。
明日から、もっと、大変そう・・・・はぁ。

寝癖がすごくて、おでこ全開!
入院中2

個室生活
5月6日

昨日の夕方から、夜にかけて、かなり悪かったあらしでしたが、深夜はゼロゼロも少し治まり、今日の午前中は少し手で遊ぶ余裕も出てきました。

ミルクはとまっているものの、体重は2,3日変化なく、水分バランスはうまくとれているみたい。

午前中は母につきそってもらい、私は15時くらいに、病院に行きましたが、顔色も昨日とはぜんぜんちがって、すごくよかったです。
血液検査でも、血中の二酸化炭素は45%で、CRPは4.4。
まずは、一安心といったところでしょうか。

あらしも、身体が楽になったみたいで、包帯をひっぱったり、点滴を噛んだり、いたずらしては、怒られていました。


ところで、実は、あらし、6日の2時ごろ、個室へ移動しました。
理由はRSウィルスで陽性反応が出たため。
あらしは、去年の11月と、今年の1月にもRSにかかり隔離された経験があって、まさか、今度も?とは思っていたのですが、入院日の検査では陰性だったのでよかった?って、思っていたんですよね。

最初からRSだったのか、風邪をこじらせたところに、RSがくっついてしまったのかは、分からないけれど、昨日悪化したのは、おそらくRSが悪さをしたのでしょう、とのことでした。
RSって、はやるのは冬ですが、一年を通してウィルスは存在するので、今かかっていても不思議ではないようなのですが・・・。


RSって、小さい頃にかかってしまうと、ぜんそくのような症状が続いてしまうことが多いそうです。
たいていは、小学生くらいになると治るそうですが、もともとぜんそくの素因を持っているような子は、それが引き金になって喘息を発症してしまうこともあるみたいです。
私の祖父が、喘息だったので、あらしにもその素因が無いとはいいきれず、しかも、去年初めてRSにかかってから、ほんとうにゼロゼロしやすくて、かなり心配していました。
今のところ、低気圧だから具合が悪くなる、と言ったような症状はなく、痰のからみが朝晩多いことがある、くらいなので、単に気管支が弱いのだろう(身体も小さいし)という診断ですが、一応先生も喘息のことは今後注意が必要と言及されていました。


念のため、これからはダニなどの対策も、しっかり考えようと思います。



5月7日

今日は朝8時私と、母がつきそい交代。
というのも、久々の個室であらしが夜泣いたりしないか、心配で私が一晩付き添ってしまいました。
個室隔離って、ドアを閉めてしまうので、泣いていても気付かれにくいのです。

前の日に、一度家に帰って夕飯食べて、お風呂に入ってオットに車で病院まで送ってもらいました。
結局、あらしは、一晩ほとんど起きることもなく、スースーと寝息をたてて寝ていたので、つきそいとしては全く楽でした。

その後私は家に帰って布団の中へ・・・
午後15時頃オットが母と、つきそい交代。

あらしは、ずっと、変わりなく良い感じで、笑顔も出ているようです(*^_^*)。


ところで、昨日、合間合間に読もうと、私は本を持って行っていたのですが、あらしが、全く起きず、思いがけずどっぷり読書にふけることができました(^.^)。

「ダヴィンチ・コード」って御存知ですか?
アメリカでけっこうブームになっていたので、ずっと気になっていたのですが、読んでみると、謎解きに継ぐ謎解きで、息つく暇もなく読んでしまいました。

イエス・キリストの秘密や、バチカン、協会、秘密結社やその儀式などが、歴史上の有名な人物や殺人事件などとからみ合いながら、ミステリアスな展開で語られるので、夢中になりながらも、なんだかすっごく怖くなってしまって・・・。

夜中の3時頃お手洗いに行ったのですが、正直すっごく怖かったです(^_^;)。
看護婦さんに「ついてきて?」とは、言えないし・・・。
帰りは走ってステーションまで帰ってきてしまったわたしです・・・。
あわや挿管
5月5日

7時のミルクを飲ませるため病院に着くと、あらしは、ベビーカーでテレビを見ていましたが、咳がでて、ゼコゼコしんどそう。

ミルクをあげると、本人は飲もうとするのだけれど、息が続かなくて、続けて飲むことができません。
それでも、いつもの量をなんとか飲みきったものの、かなり咳き込んで苦しそう(>_<)。


お昼を過ぎても、一向に治まらず、むしろ苦しさが倍増している感じ。
息もハーハーいいながら、肩でしていて、完全な陥没呼吸でした。
これでは、ミルクは無理そうなので、先生にお願いして、食事は注入にしてもらい、私と後から来た母(と父。GWなので遊びに来ていました)は、これで少し安心。


注入をお願いした際、担当のK先生は、採血をしてくれていましたが(あらしがあまりにも苦しそうだったから?)、1時間ほどして、採血の結果が出たところ、それを見て、先生も私たちもびっくり!

1以下だったCRPが4に上昇、さらに、血液中の二酸化炭素濃度が、60%に・・・。(通常なら40%台前半)
これは、酸素と二酸化炭素の交換が身体できちんとできていないということで、このままだと、身体にガスがたまって、血液が酸性になってしまいます。
これが70%にくらいになると、たいていは挿管しないと、身体がもたないそうです。

そもそも、あらしが、腎不全になったのは、1回目のオペ後肺がうっ血して、ガス交換がうまくできなくなり、血液が酸性に大きく傾いてしまったため。
背筋がぞっとしました。


すぐに、酸素は吹き流しから、鼻のカテーテルに変わり、さらに肺炎を疑いレントゲン。レントゲンの結果は待たずに、ルート確保(昨日とっちゃったので(T_T))で、抗生剤がスタートしました。
ミルクは半量になり、後は点滴で水分補給。
(その後、注入中サチュレーションが下がったので、ミルクは完全にストップ)

結局レントゲンでは肺炎の所見はみられず、気管支炎でしょうとのことでした。
症状が悪化した原因として考えられるのは、1つは、風邪をこじらせてしまい、2次感染で気管支炎をおこして、痰がたくさん出て酸素と二酸化炭素の交換がきちんとできなくなってしまった、もう1つは、風邪がなおりかける時、むしろ痰やせきがたくさん出ることが多いが、それで痰が増えて酸素と二酸化炭素の交換がきちんとできなくなってしまった、というものでした。

いずれにせよ、今は吸入・吸引で、痰を出して、呼吸をしやすくしながら、気管支の炎症がおさまるのを待つしか無いでしょう、とのことでした。


先生が、このような指示・説明をしてくださったのが、午後15時くらいでしたが、その後もあらしの症状は悪化の一途、夕方には、傍目に見ていてもつらそうで、見たこと無いほど呼吸のたびに身体が上がり下がりしていて、正直ほんとうにつらかったです。

先生方もかなり、深刻な感じで、T先生とK先生が一生懸命検討してくださり、吸引のお薬と痰のお薬、喘息の子が使う張るシールのお薬が追加。
さらに、普段は頻脈発作を緩和させるためにのんでいたインデラルは、気管支を収縮させる作用があるため中止になりました。

ここまで、手をうったら、後はひたすら、吸引してもらうしかありません。
先生には、「これ以上悪化するようなら、挿管も覚悟して下さい」と言われ、途中で両親と交代したオットと、祈るような気持ちでつきそっていました。


久々に・・・たぶん去年のオペ以来、すっごくすっごく心配しましたが、20時を過ぎたあたりから、だんだんサチュレーションが上昇、あらしの呼吸も少しおだやかになってきました。ウトウトながら少し眠ることもできている様で、22時頃には、先生方も「このままいってくれればたぶん挿管にはならないと思います。たぶん大丈夫」と言ってくださいました。

当初は夫婦で夜中もつきそうつもりでしたが、結局オットが残り、私は0時頃家へ帰りました。


こんなに心配したのほんとうに、久々。
でも、先生方がほんとうに一生懸命対応してくださって・・・・看護士さんには、「たぶん先生は一晩中ついていてくれると思うよ」と、言われていたのですが、22時頃少しあらしが落ち着いて、先生方も官舎に帰られたのを見た時は、私もホッとしました。だって、GWなのに・・・先生お子さんいらっしゃるのに・・T先生とK先生には、もう、ただただ、感謝・感謝です(;_;)。


最後に、今日は、日勤・深夜の看護士さんが、心臓病の子供達を見つめ続けて十数年のベテランTさん、さらに、準夜はあらしの担当看護士さんのFさんでした。
Tさんは、「大丈夫!!今晩私だから!私が絶対にこれ以上は悪くさせません!!」と言ってくださって、Fさんは「ママ、大丈夫ですよ!この薬良くきくから!酸素1リットルでこのサチュレーションなら全然大丈夫!」と、言いながらこまめに部屋に来ては、せっせせっせと吸引してくれました。
今日を、なんとか冷静に乗り切れたのは何よりこの2人のお陰です。
Tさん、Fさん、ほんとうにほんとうにありがとうございました(;_;)!!

追伸:
今日はこれから、また病院に戻ります。
とりあえず、5日の分をアップしましたが、頂いたコメントへの返信はまた改めてさせていただきますね。
ごめんなさい!もう少し待ってくださいね!!
咳→ヒューヒュー
5月3日

8時 ミルク50CCをあっという間に飲み干す。
そして、もっと飲ませろ、と激怒して泣く。


昨日から、胃腸を休ませる為に、ずっと食事ストップだったから・・・お腹すいてるよね。
昨日の明け方、飲んだ水を吐いた時、胆汁のような緑色のものが混じっていて・・・。
もしそれが、胆汁だとしたら、胃腸がかなり弱っているということだから、とのことで、1日食事ストップで点滴だけになりました。
咳がすごいから、腹圧かかっちゃったのかな・・・。


50をあっという間に飲んだこと、すぐに看護士さんが、先生に連絡してくれて、その後、11時に100CCもらい、それも一気のみ。
すかさず、それも看護士さんが連絡してくれて、すぐに食事はフリーに。
午後には、つながれていた点滴も終了。
ルートの確保のみになりました。

咳も、昨日よりはましで、回復傾向にはあるみたい
でも、せき込むとまだまだ、苦しそう。
特に、昼寝の前と夕方以降は、ずっとせき込んで、ミルクは全く飲めず(>_<)。

また、やせちゃうかなあ・・・。
せき込んでるのも、すごくかわいそうだし・・・。
ちょっとせつない、あらしママでした。


5月4日

今日は、あらしパパがつきそい。
7:00に病院に着いて、ミルクを飲ませる。
その後ベビーカーでお散歩して、10:00離乳食。
おかゆは完食(^-^)。
お昼寝して、また13:30ミルク、16:00身体ふき、16:30離乳食で、19:00ミルク。

食事の量としては、まあまあ。
でも、まだまだ、家にいたころよりは、少ないね。

これだと、6キロ維持には少し足りないかもしれないなあ・・・。

咳は今日はほとんど出なかったけれど、一日中ヒューヒュー言っていて、しかも、声が枯れて、すっごいハスキーボイス!!

やっぱり、夜になると、ゼロゼロヒューヒューがひどくて・・・。
力がつきちゃうのかしら?
「いっそ注入にしてもらって、体力温存させてもらった方がいいのでは?
でも、せっかく本人は食べる気あるんだから、かわいそうかなあ・・」
なんてことを、グルグル考えてしまう。

明日はもっともっと、よくなっているといいのにな。



ところで、実は昨日、パパとフレンチレストランに行きました。

相変わらずあらしはママっ子で、夜は1時間以上抱っこ!!病院出たのは、21時過ぎていて、すっごく疲れていたのだけど、無性に、外で飲みたい気分(たぶん会社帰りのおじさんと同じ様な心境)。
雰囲気もよくて、ゆっくり飲めるところがよかったので、パパと相談して、ラマージュ・イグレックに、行ってきました。

おすすめのコースにぎりぎり間に合い(おすすめコースは22時まで)、おいしいフレンチ頂いてきました。
ちなみに、飲物は、最初が、スパークリングのロゼで、そのあとは、スペインの赤をグラスで。
前菜の田舎風パテと、ワインのソースで頂く牛フィレがとってもおいしかったです。

イグレックは、フルコースでも量が丁度よくて、お値段もリーズナブルで、何より、ろうそくの明かりがとっても落ち着くとても雰囲気の良いお店で、私たちのお気に入りのお店です。

ゆっくりお酒飲んで、おいしいお料理食べて、オットともいろいろ話せたし(というか、昨日は(も?)私が一方的にしゃべっていた・・・)、あらしのことではちょっと落ち込み気味だったけど、なんとかオットに救ってもらいました(^u^)。


そして、今日は、久々に仲良くしてもらってるママ友達と、夕方病院で会うことができた。
話しているとあっという間で、2時間以上ぶっ続けで話しても、まだまだ話したり無い気分。
で、近々あらしの入院中、続きの飲みをすることに・・。
わーい、楽しみ!!
入院しました!
今朝明け方の3時頃、泣いたのでお水をあげると、咳がとまらなくなる。
1時間ほど咳込み、飲んだ水を吐く。
嘔吐物には黄色いものが混じる。

それでも、水をほしがるので、あげるとまた嘔吐。
今度は緑色の胆汁みたいな色。

熱をはかると38度。

咳を止めるには寝かすしかないと思い、冷やしながらなんとか寝かせる。

朝7時、起きてみると、あらしは、頭が汗びっしょりで、顔は真っ赤。
でも、熱は36度台で、さがったもよう。

ぐったりはしているけれど、笑ったり遊んだりはするので、ミルクをあげようとすると、激しくせき込む。
水さえ、咳でうけつけなくなり、(本人はミルクも水も飲みたがるのだけれど。。。)これは、だめだと思い、病院へ。

救急外来はとても空いていて、すぐに診察室へ。

採血、レントゲン、ルートの確保、採尿をして、観察室で待機すること2時間。
すると、たまたま(?)カルテを見たら来てるみたいなので・・・などと言いながら、循環器のY先生とI先生が来て下さる。

幸い、レントゲンも採血結果も問題なし(CRPは0.4、肺炎の所見、腸の異常の所見は無し!(-。-;)ホッ)でしたが、脱水が心配だったので、一応入院させてもらうことになりました。


そのような訳で、あらしは今病院です。
いつもの9Eに居ます!
(もちろんお部屋は、マイ・ルーム3号)

出戻りな気分で、なんとなく、気恥ずかしかったけれど、みなさん、「おかえりー!」「遅かったじゃないの」(?)と、とってもあたたかく迎えてくれて、うれしかったです。
師長さんも、「今空いてるから、いーよ、いーよ(^_-)」なんて、言ってくださって。

あー、やっぱり9Eは落ち着くなあ・・・。
2ヶ月ぶりなのに、まったく違和感なかったです(^_^;)。


ずっと、「ぜったい病院に戻りたくない!!!」って思い続けていた私。
でも、入院が決まったときは、正直ほっとしました。
やっぱり、少し疲れが溜まっていたみたい。
良い機会なので、少しゆっくりさせてもらおうかなあ、なんて思ったりも。。。

でも、あらし、ゆっくり休んで、早くよくなってね。
1週間くらいで、帰るぞ!!
(もっと、早く帰れるなら、もちろん早く帰るよ!)
明日は、救急?(;^_^;)
今日はいきなりの夏日!!

朝から、咳がコンコンととまらないあらし。

でも、お散歩もなかなかできず、ストレスもたまっているようで、ミルクはなんとか飲めていたので、思い切って、お昼のミルクを持って近くの公園に。

なんだか、暑いくらいだけれど、木陰は風邪がそよいで気持ちい?。
さあ、あらしー、ミルクだよー・・・ん?
ひえ??、何?その真っ赤なお顔は?
汗もびっしょり!!
汗なんて、ふだんほとんどかかないのに!!
あっ、目がだんだんうつろになってきた!
なんで、肩で息しているの??

どうやら、急激な気温の上昇に身体がついてこれず、熱中症みたいな感じになってしまったみたい?

急いで、家に帰りました。

ごめんね、あらし!

結局、咳はどんどんひどくなっちゃって、気管支炎みたいになっています。
咳が出ていないときは、ゼーゼー言いながらも、ニコニコしているのですが、一旦咳が出ると、止まらない。

水分はなんとかとれているのだけど・・・、さすがにこれだけひどいと、明日は、病院かな・・・・?


ゼーゼーいって、苦しいのか、今日の午後は、抱っこ以外うけつけず、かなり私も疲れました!
コメントやメールの返信など、ごめんなさい、今日はできそうにないです。
後日必ず、させていただきますので、もう少しお待ちくださーい。
あらしのよるに
カエル

あらしママ

Author:あらしママ
心臓病の息子あらしのこと、家族の毎日、思ったこと、好きなモノなどなど、あらしママがつれづれなるままに綴ったページです。

【あらしパパ】
家族を愛し、仕事に燃えるスーパーパパ。しかし、その正体は(笑)

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

これまでの記事
ご訪問ありがとう!
ブログ内検索
リンク
メールはこちらへ♪♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。