*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あわや挿管
5月5日

7時のミルクを飲ませるため病院に着くと、あらしは、ベビーカーでテレビを見ていましたが、咳がでて、ゼコゼコしんどそう。

ミルクをあげると、本人は飲もうとするのだけれど、息が続かなくて、続けて飲むことができません。
それでも、いつもの量をなんとか飲みきったものの、かなり咳き込んで苦しそう(>_<)。


お昼を過ぎても、一向に治まらず、むしろ苦しさが倍増している感じ。
息もハーハーいいながら、肩でしていて、完全な陥没呼吸でした。
これでは、ミルクは無理そうなので、先生にお願いして、食事は注入にしてもらい、私と後から来た母(と父。GWなので遊びに来ていました)は、これで少し安心。


注入をお願いした際、担当のK先生は、採血をしてくれていましたが(あらしがあまりにも苦しそうだったから?)、1時間ほどして、採血の結果が出たところ、それを見て、先生も私たちもびっくり!

1以下だったCRPが4に上昇、さらに、血液中の二酸化炭素濃度が、60%に・・・。(通常なら40%台前半)
これは、酸素と二酸化炭素の交換が身体できちんとできていないということで、このままだと、身体にガスがたまって、血液が酸性になってしまいます。
これが70%にくらいになると、たいていは挿管しないと、身体がもたないそうです。

そもそも、あらしが、腎不全になったのは、1回目のオペ後肺がうっ血して、ガス交換がうまくできなくなり、血液が酸性に大きく傾いてしまったため。
背筋がぞっとしました。


すぐに、酸素は吹き流しから、鼻のカテーテルに変わり、さらに肺炎を疑いレントゲン。レントゲンの結果は待たずに、ルート確保(昨日とっちゃったので(T_T))で、抗生剤がスタートしました。
ミルクは半量になり、後は点滴で水分補給。
(その後、注入中サチュレーションが下がったので、ミルクは完全にストップ)

結局レントゲンでは肺炎の所見はみられず、気管支炎でしょうとのことでした。
症状が悪化した原因として考えられるのは、1つは、風邪をこじらせてしまい、2次感染で気管支炎をおこして、痰がたくさん出て酸素と二酸化炭素の交換がきちんとできなくなってしまった、もう1つは、風邪がなおりかける時、むしろ痰やせきがたくさん出ることが多いが、それで痰が増えて酸素と二酸化炭素の交換がきちんとできなくなってしまった、というものでした。

いずれにせよ、今は吸入・吸引で、痰を出して、呼吸をしやすくしながら、気管支の炎症がおさまるのを待つしか無いでしょう、とのことでした。


先生が、このような指示・説明をしてくださったのが、午後15時くらいでしたが、その後もあらしの症状は悪化の一途、夕方には、傍目に見ていてもつらそうで、見たこと無いほど呼吸のたびに身体が上がり下がりしていて、正直ほんとうにつらかったです。

先生方もかなり、深刻な感じで、T先生とK先生が一生懸命検討してくださり、吸引のお薬と痰のお薬、喘息の子が使う張るシールのお薬が追加。
さらに、普段は頻脈発作を緩和させるためにのんでいたインデラルは、気管支を収縮させる作用があるため中止になりました。

ここまで、手をうったら、後はひたすら、吸引してもらうしかありません。
先生には、「これ以上悪化するようなら、挿管も覚悟して下さい」と言われ、途中で両親と交代したオットと、祈るような気持ちでつきそっていました。


久々に・・・たぶん去年のオペ以来、すっごくすっごく心配しましたが、20時を過ぎたあたりから、だんだんサチュレーションが上昇、あらしの呼吸も少しおだやかになってきました。ウトウトながら少し眠ることもできている様で、22時頃には、先生方も「このままいってくれればたぶん挿管にはならないと思います。たぶん大丈夫」と言ってくださいました。

当初は夫婦で夜中もつきそうつもりでしたが、結局オットが残り、私は0時頃家へ帰りました。


こんなに心配したのほんとうに、久々。
でも、先生方がほんとうに一生懸命対応してくださって・・・・看護士さんには、「たぶん先生は一晩中ついていてくれると思うよ」と、言われていたのですが、22時頃少しあらしが落ち着いて、先生方も官舎に帰られたのを見た時は、私もホッとしました。だって、GWなのに・・・先生お子さんいらっしゃるのに・・T先生とK先生には、もう、ただただ、感謝・感謝です(;_;)。


最後に、今日は、日勤・深夜の看護士さんが、心臓病の子供達を見つめ続けて十数年のベテランTさん、さらに、準夜はあらしの担当看護士さんのFさんでした。
Tさんは、「大丈夫!!今晩私だから!私が絶対にこれ以上は悪くさせません!!」と言ってくださって、Fさんは「ママ、大丈夫ですよ!この薬良くきくから!酸素1リットルでこのサチュレーションなら全然大丈夫!」と、言いながらこまめに部屋に来ては、せっせせっせと吸引してくれました。
今日を、なんとか冷静に乗り切れたのは何よりこの2人のお陰です。
Tさん、Fさん、ほんとうにほんとうにありがとうございました(;_;)!!

追伸:
今日はこれから、また病院に戻ります。
とりあえず、5日の分をアップしましたが、頂いたコメントへの返信はまた改めてさせていただきますね。
ごめんなさい!もう少し待ってくださいね!!
スポンサーサイト
あらしのよるに
カエル

あらしママ

Author:あらしママ
心臓病の息子あらしのこと、家族の毎日、思ったこと、好きなモノなどなど、あらしママがつれづれなるままに綴ったページです。

【あらしパパ】
家族を愛し、仕事に燃えるスーパーパパ。しかし、その正体は(笑)

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

これまでの記事
ご訪問ありがとう!
ブログ内検索
リンク
メールはこちらへ♪♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。