*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況
あらしは、その後も順調な回復振りをみせ、
先週は2週間振りに、ひよこ(ろう学校)にも行くことができました(^-^)/。

久々にみんなに会って、最初は照れて目を合わせようとしなかったけれど、
すぐに慣れて楽しそうにしていました。

先週は、プール遊びと、流しそうめん!!
あらしは病み上がりなのと透析の管がお腹にはいっているのとで、
水につかることはせず、先生が用意してくれた椅子に座って足だけ楽しみました。

流しそうめんは、竹の角度が抜群で、みんなすっごく楽しそうにすくっていました。
時折、誰かのフォークについていたキュウリが流れてきたり、
すくったのをまた戻す子もいたり、
興奮してつゆをこぼす子も(笑)。
でも、青空の下で、みんなで食べた流しそうめんは、すっごく楽しかった??♪♪
あらしも、いままでにないくらいパクパクそうめんを食べていました。

プール


流しそうめん

食べるのに夢中で・・・
そうめんが流れているのに気が付いていたかどうかは、実はナゾ(笑)


ところで、私のお腹の方も、いよいよ今週から9ヶ月に入ります。
前回あらしの入院のことを産科の先生に相談、
一応あちらで具合が悪くなったときの為に、紹介状を書いてもらうことになりました。
もしあらしの入院と出産が重なった場合は、
とりあえず東京で生むことを考えてその間あらしをみてもらう人を考えた方が良い、とのこと。

さらに・・・、
「出産後退院したら、その後は2人目を預けて上の息子さんにつきそってあげてもいいのではないですか?」
「母乳でないとダメ」とか「母子のふれあいが大切」とかいうけれど、
そんなことは気にしなくて良いです!
お母さんの体はもちろん大事にしつつ、
今は一人目のお子さん第一で考えてあげれば良いと思いますよ。」
と。

普段、こんなこと口には出しませんが、今回のオペについて、私の中には、
「もしかしたら、この子とはこれで最後になるかもしれない」という思いがあります。

それは、オペに子供を送り出す親なら皆、多かれ少なかれある気持ち。
さらに、あらしの場合、
「東京の病院では、もうどうしようもない」と言われたも同然であること、
「静岡でも、成功例は少ない」こと、
さらに、「透析のことがあるので、オペ後のICUは覚悟して下さい」と言われていること。

だから、
「産後は一月くらいは寝ていた方がいいよ」と、
言われたりもするのですが、
そして、それはありがたくもあるのですが、
どうしても、自分の体なんかより、今はあらしと一緒にいたい、
そう、思ってしまうのです。

だけど、私の中に
「でも、きっとあらしは、今回も乗り越えてくれるに違いない!」
「きっとなんとかなる!」
という、強い思いもあって・・・。

ふだんは、この強い思いの方が大きいし、
あらしが元気な時は、そんなことを考えている暇も無いし、
それでも不安な時は夫や病院仲間のママ友達にきいてもらったりしているので、
私が抱える不安をいちいち口に出したいとも思いません。

でも、産科の先生は、何も言わないのに、
「出来る限りあらしのそばに居たい」という想いを理解してくれて・・・。

産科の主治医は国立循環器病センターのNに居たそうで、
無脾のこと、肺静脈のこと、などなど、
いつも何も言わなくても、あらしの状況や家族の想いを
理解してくれて本当にありがたいです。

普段は、自分の不安な気持ちを”封印”している、と言った方が
正しいのかもしれません。
心臓病とのつきあいも2年半を超えると、封印の仕方も上手になっちゃって・・・・。
先生に優しい言葉をかけられて、今回初めて
自分が色々不安に思っていたんだってことに気付きました(笑)。

この日、久々に・・・本当に久々に、病院で泣けました。
昔気持ちの整理がつかなかった頃は、よく
5階のソファーなんかで泣いていたのですが、
最近はさっぱり(笑)。

でも、この日ばかりは3階からエレベーターで下りるとき、なんだか涙腺がじわっっと・・。
自分でも驚きましたが、知ってる人にみられてないか・・・
今思い出すとかなり恥ずかしいです・・・。
2階には子供達がたくさん居て、汗をふくふりをしながら、
ハンカチで顔を隠して通り過ぎました(笑)。

最近の産科は、私にとって、セラピーみたいになりつつあります。
あらしの体のことを説明せずにすむのって本当にありがたい!!
理解ある先生でよかったナ・・・。
スポンサーサイト
あらしのよるに
カエル

あらしママ

Author:あらしママ
心臓病の息子あらしのこと、家族の毎日、思ったこと、好きなモノなどなど、あらしママがつれづれなるままに綴ったページです。

【あらしパパ】
家族を愛し、仕事に燃えるスーパーパパ。しかし、その正体は(笑)

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

これまでの記事
ご訪問ありがとう!
ブログ内検索
リンク
メールはこちらへ♪♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。