*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あわただしい一日
今日は午前があらしの歯科外来、午後は私の産科外来でした。

歯科では、ものすんごい泣いていたけれど、着色を落として、虫歯チェックもしてもらって、私としては一安心。

虫歯は無し、歯の状態も前回よりはよくなってます、とのこと。
歯磨きはまだまだ嫌がって大変ですが、それでも毎日やっていると、それなりに磨けるようにはなるようです。
でも、あらしがあんなに泣いて暴れて、無理やり口をあけさせて磨いたにもかかわらず、口の中に傷ひとつつくらなかった先生はやはりスゴイ・・・。

次回はまた3ヵ月後。

その後、地下のパン屋で休憩(私が)して、前の通りにある薬局に処方箋を出して、帰宅。
急いであらしにご飯を食べさせ、実母のアパートへ。
あらしを預けて、私は再度病院へ向かいました。

病院では「あれ?今日はお母さん??」とか言われながら、採血をすませて、産科を受診。
経過は順調で、いよいよ臨月ですが”子宮口はまだ固いですね”とのこと。
生まれそうな兆候はまだ無いようです。

今後予定日までに手術の連絡がきた場合は、その時点で静岡での出産に変更する予定なので、先生に再度その旨お願いして診察室を後にしました。
W先生って、本当に、涙が出るほどやさしくて・・・・
「忙しいだろうし次の検診2週間後でもいいよ」と言われたのですが、なんとなく先生に会いたくて「いえ、1週間後がいいです!」と言ってしまいました。
まあ、あらしの手術が入った場合のこともあるんですが・・・(笑)

その後、一足先に出産したあらしの同級生のママを訪ねて産科病棟へ。
ちょうど、もう一人学校のママもきていて、個室だったこともあり、出産のこともそれ以外のこともとにかく、いろんな話に花が咲き・・・・14時半にたずねて病室を出たのは18時でした。

超男前の新生児君に会えて、おしゃべりも楽しくて、すっごい良い時間だったんだけど、考えてみれば産後間もないママの部屋に4時間ちかくおしかけるなんて、かなり迷惑な客だったような・・・・。
帰ってから反省すること、しきりでした(汗)。

その後帰宅して、あらしに夕飯を食べさせて、自分たちの夕飯は超簡単な、”そうめんの豚肉とゴーやのせ”。
(しかも、それすら、あらしに夕飯を食べさせている間に母につくってもらったという・・・・)

これ、テレビで見てつくってみたのですが、オリーブオイルとにんにくで香りをだしたところに、薄切りにしたゴーやと豚肉を炒めて塩コショウ、最後に溶き卵を落としたものをゆでたそうめんの上において、上からつゆをかけただけのもの。
シンプルですが、さらさらっと食べられて、夫も大好きなのでありがたいメニューです。
ポイントはゴーヤを最初に10秒熱湯にくぐらせておくことのようです。そうすると苦味がやわらぐみたい。

実は月曜もあらしの外来で、メインの心臓と腎臓プラス理学療法でした。
しかも、アミオダロンの副作用で間質性肺炎の可能性あり、だなんて言われて・・・とりあえず今回の検査結果を待つことになったのですが(1週間後に主治医に電話して相談することになった)最悪アミオダロンの服用を中止しなければならない可能性も。これは、あらしにとってはかなり深刻な事態。しかも肺炎だった場合、オペもできるのかどうか・・・。
昨日の夜は、まだ不確定にもかかわらず、いろいろよくないことを考えてしまい、ブルーでした。

だからこそ、今日はいろいろ忙しく過ごせて、ちょっと気分もリフレッシュ。
ただ、体は疲れましたが。
夜は足がむくんでトイレのスリッパさえきつくなっていてビックリ!
明日は何もないので、ゆっくりしようと思います。
心配については、確定するまではなるべくしないよう、努力しようと思ってます。
気力も体力も、いざというときのために、とっておかないと・・・(笑)。
スポンサーサイト
あらしのよるに
カエル

あらしママ

Author:あらしママ
心臓病の息子あらしのこと、家族の毎日、思ったこと、好きなモノなどなど、あらしママがつれづれなるままに綴ったページです。

【あらしパパ】
家族を愛し、仕事に燃えるスーパーパパ。しかし、その正体は(笑)

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

これまでの記事
ご訪問ありがとう!
ブログ内検索
リンク
メールはこちらへ♪♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。