*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幼稚部の入学試験
水曜日は、あらしのろう学校の”幼稚部入学相談”でした。

9時半に登校して、校長先生と20分程度の面接、その後幼稚部の先生とも20分程度面接。

面接で尋ねられたのは、

・難聴と分かった経緯
・これまでの闘病歴
・どうしてこの学校に通わせたいと思ったか
・将来どうなってほしいと思っているか
・子供が今一番好きなことは何か
・通学手段とその経路
・学校生活を送る上での希望
・学校生活を送る上で心配なこと
など。

その間、子供達は別室にて幼稚部の先生達と遊びながら、発達チェック。
部屋の前を通りがかった時にのぞいてみたら、
みんなは飛んだり走ったりして、その様子を先生達はみていたけれど、
あらしは、一人個別で、手押し車のようなものに酸素をのせてそれを押しながら楽しそうに歩いていて、何人かの先生があらしにつきっきりで、しっかりチェックしてくれていました。

入学相談といいながら、実質の入学試験。
緊張したけれど、自分の思いはしっかり伝えることができました。

耳の聞こえない子に対してどうやって接すればよいのか、そのノウハウが一番蓄積されているのは聾学校だと感じたこと。
あらしはあらしなりにいろんなことを考え、感じている。
それを表現する手段を与えてあげたい、そして、いずれは、社会に送り出してあげたい。

努力は私達家族が、何よりあらし自身がしなければならないけれど、その方向性や方法をろう学校に通うことで教えてほしい、と。

それから、今年1年、0?2才のひよこ組に通うことで、あらしがいかに成長できたか、私もどれだけたくさんのことを学ぶことができたか、も伝えました。


先生から
「あらし君を幼稚部に入れることを、今年の私の一番の目標にしようと思ってる。私達を信じて、すべてをまかせてほしい。診断書などが必要になるかもしれないし、それはそのつどこちらが言うので手配してほしい。」
と言われたのはいつのことだったろう・・。

静岡の心外の先生に1通、腎臓内科の先生に一通、リハビリの先生に1通、診断書を書いてもらい、1月には、学校の担任といっしょにあらしの病状、学校生活で注意するべきこと、今後の見通し、などについて東京の循環器の先生、腎臓内科の先生、それぞれと、30分?1時間程度話を聞く時間をつくった。


できるだけのことは、すべてやった。
先生の言葉のおかげで、内心ドキドキしながらも、なんとか冷静を装って(表面上は・・)ことをすすめることができた。

これは、私にとって子育てにおける一つの戦いだった・・かな。
でも、悔いのない戦いができた。
それが大事。


今の”ろう学校”にすごく満足しているかというと、そうではない。
まだまだ改善しなければならないところはたくさんあると思う。
時には、人を傷つけるような言葉を発する先生もいる。

だけど・・・・1年通ってみて私はこの学校が好きだと思った。
たぶん、あらしも、また、この学校が好き。

それは、先生達の子供達へのたっくさんの愛情を感じるから。

入学相談の日、あらしたちのために幼稚部はお休みだった。

一人の幼稚部の先生が言った。
「だって、この子達は学校の宝ですから。」と。

先生のその言葉を私は、信じようと思う。
信じてついていってみようと思う。


合格発表は2月27日。
私とあらしの写真は果たしてあるだろうか・・・。
(合格発表は名前といっしょに写真が張り出されるそう。)
スポンサーサイト
あらしのよるに
カエル

あらしママ

Author:あらしママ
心臓病の息子あらしのこと、家族の毎日、思ったこと、好きなモノなどなど、あらしママがつれづれなるままに綴ったページです。

【あらしパパ】
家族を愛し、仕事に燃えるスーパーパパ。しかし、その正体は(笑)

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

これまでの記事
ご訪問ありがとう!
ブログ内検索
リンク
メールはこちらへ♪♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。