*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知~らない!
ハルキはたてわりクラスになってから、いろいろな言葉を覚えて帰ってくるようになりました。
昨日おもしろかったのは・・・

「知ーらんペッタンゴーリーラ!」


ハルキは、普段私によく「もう、知ーらない!」と言われています。

のぼってはいけないところにのぼっていて、「危ないから降りようね。」と、言ってもぜんぜん聞く耳持たない時。

「落ちて怪我しても、もうママ知~らない!」とか。

お風呂に入ろうというのに「昨日入ったからもういい」といってなかなかお風呂場に来ようとしない時
「今来ないといっしょに入れないよ。ママとひろ君、もう出ちゃうよ。そしたら自分でお風呂入って自分で洗うんだよ。ママ知~らないだよ。」とか。

こんな言い方が教育上はたして良いのか悪いのか・・・はよくわかりませんが(汗)、こっちが強く怒れば怒るほどムキになって益々言うことを聞かなくなる彼。
強く叱られるよりも、突き放される方が、気持ちの切り替えがしやすいようなので(だいたいにおいてどうでもいいことに意地をはる傾向があるので・・・)、気がつけば、ハルキにはこんな言い方をするようになってました。

ところが最近は、逆に「御飯だからお部屋片付けようね」とか「夜だから大きな声出すのやめようね」とか注意した際に逆に「そんなの、知ーらないっ!」とか言われるようになり、それが結局私の逆鱗にふれ雷をおとされることもしばしば。

でも、昨日からは「そんなの、知ーらないっ!」にかわり「そんなの知ーらんペッタンゴーリーラ!」と、言うように。

「もう寝るからお片付けしなさい」とか「ご飯中に立ってはいけません」とか「はやくパンツはきなさい」とか、怒って注意していても、そんなふうに言われると思わず吹き出してしまいます。

噴き出して「アハハハハ!」と笑うとハルキもうれしくなっていっしょに「アハハハ」そしてにこにこしながらいうことを聞いてくれたりして・・・・。


子供っておもしろいです。

こわかった・・・
今日は、あらしの月に一度の静岡での外来。

2時間目が終わったら帰る支度をして、そのまま東名で静岡へ。

運転が好きなので、いつもならドライブ楽しみながら・・・なのですが、今日は眠くて眠くて・・・・。
何度も何度も車線をはみ出しそうになって、さすがに「これはヤバイ!!」と、思い足柄で車をとめて、エンジンをかけたまま(クーラーなしでは私もあらしも干物になりそうだったので)30分ほど仮眠。

仮眠後は一応居眠りはせずにすみましたが、いやー・・・・ほんと危なかった~(汗)。

ヒロトの入院とあらしのながーい風邪、社会科見学に林間学校と、今月はかなりスケジュールが厳しくなってしまった。家も生活も荒れていくなか、一昨日さすがにこれはやばいと思い立ち、徹夜で片付けたのがいけなかった(汗)。

次の日は眠くて眠くて眠くて。
しかも、顔から変な油が出るし・・・。
もう30超えると徹夜はきついですネ。
しかも、一晩くらい徹夜したところですべて片付くわけもなく・・・。

昨日はあらしの学校の保護者控室で横になって寝て、夜も一応人並な時間に布団に入りましたが・・・やはり疲れはたまってるみたいです。

いや~今日の運転は怖かった(汗)。
今後ぜったいにこんな状態での運転はやめよう!と、心に誓いました。
久々
土曜日、関西の友人二人と銀座で待ち合わせ。

ヒロトの体調がイマイチで、私だけは、楽しみにしていたランチのお店にはいけなかったけど、カフェでのお茶から合流。

いろいろと近況が聞けて、二人が二人らしくとても充実している感じが伝わってきて、とてもうれしい気持ちになりました。

私は、結婚後しばらくは資格の勉強をしていたり、あらしが生まれた後はあらしとの生活に慣れるのにかなり時間がかかり心の余裕がなかったり・・・

だから、こんな風に気の置けない昔からの友人とリラックスしておしゃべりできるようになったのは結婚10年目にしてはじめてかもしれない。

家に戻ればまた、子供中心のつきあい、子供中心の生活。

それはそれで楽しいだけど、私の中に、「40代以降は少しずつ自分の為に使う時間を増やすわ」という思いがあるのは事実。


今をどう過ごすのか?? で、40代のすごし方も変わってくると思うから、今この瞬間の喜びも大変さも、すべてを心に受け止め、記憶に刻んで、後悔の無い様に過して行きたい。
葛西臨海水族園
今日は台風の中、葛西臨海水族園に行ってきました。

というのも来週、あらしが社会見学でこちらに行くのですが、酸素ボンベなどがあるので、あらしは現地集合!
・・・ということは、つまり私が車で送っていく、ということであり、そのためには、道と駐車場を確認しておかなければ!!

ということで、行ってきました。


首都高速を使えば、すいていれば、30分ほどでつきます・・・・が、平日の朝そんなに空いてるわけないですね。

渋滞がどれくらいかで、ずいぶん時間がかわるので、うーん、どれくらいの時間をみこむかはなかなか難しいところです(汗)。
早めに出ておくしかなさそうです。

水族園は、まぐろの水槽が見事でした!
あと、園内にあるカフェが、太陽の光がさんさんとふりそそぐ感じでよかったです(って今日は暴風雨でしたが・・・)。

「魚釣りたい!」と、魚を釣ることを楽しみにしていたハルキは、釣りはできませんでしたが(笑)かわりに、サメやエイに触ることができて、喜んでいました。

あらしは、でっかいこわーい、クモのようなカニに興奮しておりました。


次はぜひ、晴れた日に行って、水族園だけでなく、そのまわりの緑ゆたかな公園も堪能したいと思います♪
ザリガニ
ヒロトの入院している病院には、広い中庭があり、人工的な小さな沢と池があります。

今日は、ハルキはパパとそこで、ザリガニつり。

「ハルちゃんザリガニもてるよ!」と言いながら、もう1週間以上も前から楽しみにしていたハルキ。

ヒロトの病室の窓から下を見るとと、それはそれはうれしそうにぴょんぴょん飛び跳ねているハルキが見えました。


「ハルキすっごく喜んだでしょ?それに息子とザリガニつりするなんて、父親としては幸せなひと時だったんじゃないの??」と、地下の飲食コーナーで待ち合わせた、夫に聞くと、


「全然。だって、ハルキはザリガニがこわくて、見ることすらできなかったんだから・・・」と。


え??

夫によると、ハルキは、さきいかをくくりつけた棒を持つことすらできず(怖くて)。
人工衛星のように、ただ夫と一定の距離を保ちながらぐるぐると夫の周りをまわっていたそうです。

そして、しょうがないので、夫がつりあげて、「ほら。」と、ハルキに見せようとしたとたんハルキは全速力で逃げて行ったそうです。

な、なんと・・・・・。

そこまで怖がりだったとは・・・。情けない・・・というより、ハルキらしい、という感じです。


いつだったか、耳が真横に飛び出てついている人は、臆病な性質、耳が頭にはりついている人は攻撃的な性質、と聞いたことがありますが、ハルキはピョコッと耳だけ横に飛び出ている完全な前者です。

うーん、あたっているかも。
(ちなみに、私とあらしとひろとはピッタリと頭にはりついています、うふっ♪)


この先、超臆病者のこの子が、どんな人生を歩むことになるのか、本当に楽しみです。
臆病であることの良さを残しつつ、たくましく育ってほしいと思います。

臆病な人って、無理をしないというイメージがあります。
私は、常に無茶を試みる習性があるので、ちょっとうらやましいです(笑)。


やっぱり・・・・・・・
今年は心穏やかに桜を見れた・・・・な~んて書いてた私。

しかーし!

やはり・・・やはりやはり、そうは問屋が卸さなかった。


ヒロト、先週土曜日の夜より発熱、火曜日に呼吸状態悪化によりかかりつけから東京のこども病院に紹介され、そのまま入院の運びとなりました。

肺炎が疑われましたが、検査の結果はRSウィルス。たんで無気肺になっていたようです。

案内された部屋は、あらしが、何十回(って、言いすぎかもしれませんが、気分的にはそれくらいたくさん)と、隔離された、懐かしのあの病棟の、ナースステーション近くのあの部屋でした。

まさか・・・・。
まさかまさか。

半年近く、RS陽性が出続けて、隔離されるたびに、ICUに行くかもといわれ、心配におしつぶされそうな夜を何度も何度も過ごした部屋に、あらしの二人目の弟と、もどってくるなんて。

窓の景色はほとんど変わらず。
もしかしたら、振り向いたら1歳のあらしが寝てるんじゃないか・・・と、不思議な錯覚に襲われるけど、振り向いた先のベッドに寝ているのは、あらしとは違って、丸々と太ったヒロト。

サチュレーション90台って新鮮です。

熱が続いて心配ではありますが、でもやはり基礎疾患があるとないとでは、親も主治医も気持ちの余裕が違います。


ヒロトは、1週間、熱が続きましたが、今朝からやっとさがりはじめました。
動けるようになって余裕が出てきた分、本人は怒り狂ってます(笑)。

ブスッとしたお地蔵さんのような顔で、睨みをきかせています。
おなかいっぱいになったとたん、ミルクをものすごい勢いで払いのけます。
そして、点滴と板のついた左手で私の顔や頭をバシバシとたたいてきます。

こ・こわい・・・・・。(そして、痛い・・・・(涙))
この荒々しく怒ってる感じ、あらしとそっくりです。

あらしと同じで、ヒロトも怒り狂うと呼吸状態が悪くなり、容体が悪化するようです。
本当に・・・この二人、気性の荒さはうり二つで笑っちゃいます。

当時は、あらしがただただ苦しいのだと思い、かわいそうで泣きながらあらしにつきそっていた私ですが、今ならわかります。苦しさの三分の一くらいは、病気が原因なのではなく、短気で怒ってるからだと。

”短気は損気”です。



今日は、これからハルキとお風呂に入ってから病院でヒロトの横で寝ます。

夫は、病院の簡易ベッドで一睡もできないそうなので・・・これで夜のつきそいは3日め。仕方ないです。
実は私は、昨日も一昨日も、かなりぐっすり眠りました。

見かけによらず、実は寝ぞうの良い私です。あまり動かないし、軸をずらさずに寝がえりできます。


毎朝、看護婦さんに「夜は大丈夫でしたか?」と聞かれますが「ええ、まあ・・・」と、お茶を濁してます。
だって、ぐっすりだったので、よくわからないんです・・・・。
ヒロトは泣いてたのかもしれませんが、それくらいでは目が覚めないんです、私。


あれあれ、そんなんでつきそいの意味あるんでしょうか??

いや、あるんです。
ヒロトがさみしくてかわいそうだから・・・・というよりは、ヒロトが部屋で一人で寝てるかと思うと私がつらくなるのでつきそってるからです。
ヒロトのいない家はさみしいし・・・。
むしろ自分のため・・・・?


やっぱり、桜の季節は怖いです。
桜を楽しむのは、老後にとっておくことにします。

20年後、子供たちが巣立ち、夫が退職したら、平日の砧公園で優雅にお花見を楽しみたいと思います。

その日までがんばって夫婦ともども元気でいたいと思います・・・・。
あらしのよるに
カエル

あらしママ

Author:あらしママ
心臓病の息子あらしのこと、家族の毎日、思ったこと、好きなモノなどなど、あらしママがつれづれなるままに綴ったページです。

【あらしパパ】
家族を愛し、仕事に燃えるスーパーパパ。しかし、その正体は(笑)

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

これまでの記事
ご訪問ありがとう!
ブログ内検索
リンク
メールはこちらへ♪♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。